産後ケアにも有効な骨盤矯正

産後ケアにも有効な骨盤矯正

骨盤矯正は産後ケアにも効果があります。

 

産後の女性の骨盤は、
一言でいえば緩んだ状態になっています。
大きな子供がお腹の中に入っていたから緩んでしまったと思いがちですが、
実はそうではありません。
出産や妊娠の際に分泌されるホルモンには、
骨盤の靭帯を緩やかにしようとする働きがあるからです。
骨盤が緩むことによって、母体に負担がない出産をサポートしているのですね。
本来であれば、
ホルモンの分泌がストップすれば骨盤は自然に元に戻りそうなものですが、
現代の女性はそうならない場合が多いようです。

 

というのも、
昔の女性でしたら産後すぐに働きに出たりすることで
骨盤周りの筋肉も元の状態に戻るのが早かったのですが、
現代の女性は歩く機会そのものが減っており
骨盤が以前の状態に戻ることなくそのままになっている場合が多いのです。

 

よく言われる産後太りという状態は、
脂肪が原因ではなく
緩んだままになっている骨盤の上に下腹が乗っている状態なのです。

 

産後太りを改善するだけではなく、
骨盤の緩みを放置しておくとさまざまなトラブルの原因ともなるのです。
例えば、尿漏れや腰痛といった症状は産後の女性特有のもの。
生理痛や便秘にも骨盤の歪みが原因だとも言われているのです。
このような症状を防ぐには、
出産後二ヶ月ぐらいしてから骨盤矯正をするのが効果的でしょう。
出産という大事を経験した身体ですので、
無理に始めることはありません。
自分の体調と相談しながら骨盤を元の状態に戻すことを意識してみてください。